川崎市中原区の課題や問題点を区民自ら考え調査・検討するほか、市民活動団体の支援・広報等実践活動を行っています。

by 中原区まちづくり推進委員会
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
検索
最新の記事
記事ランキング
外部リンク
画像一覧

<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

区役所オリーブの寒肥作業を行いました。

2月16日(土)、区役所オリーブの木に肥料をやる
「寒肥作業」を行いました。
昨年も寒い中で頑張った「寒肥作業」ですが、
今年も風の強い、寒〜い中での作業になりました。

今回も花クラブのみなさんにご協力いただき、12名で作業を行いました。

d0241210_11191232.jpg



まずはオリーブの周りに生えた雑草や、周囲に落ちている枯葉を取り除きます。
ついでに八百八橋の周りの草むしりも行います。

d0241210_11192466.jpg


オリーブの周りがスッキリしたところで、いよいよ「寒肥作業」の開始です。
木の根元から少し離れた、根っこの先にあたる部分を
木を囲むように掘ります。
去年はたくさん埋まっていた石を取り除きながらの作業だったため
かなり手間がかかりましたが、今年は石がほとんど無いので、ちょっとラクです☆

d0241210_11194314.jpg


掘った穴に肥料をまき、土を戻して作業終了。
約1時間の作業でした。

作業の後は区役所5階の『なかはらっぱ』で一服。
おいしい日本茶やコーヒーを飲みながら、
昨年収穫したオリーブで作ったオリーブ漬けをいただきます。
オリーブ漬けとアボカドや生ハムを使ったカナッペなども出てきて、
体も心も暖かくなりました。

d0241210_1120216.jpg


次回は5月頃、八百八橋の周りの草むしりを予定しています。
草むしりの後にはおいしいお茶が出るとか!?
みなさま、どうぞお楽しみに☆
[PR]
by nakahara-machi | 2013-02-18 11:26 | プロジェクト808

落書き消し 始動

d0241210_14722100.jpg


2年前にこの企画が立ち上がって調査作業を地道に継続してきました。

中原区内で落書きが一番ひどい状態の場所、それがここ丸子橋の河川敷 悲惨な状況ですね。

まったく困った話です。

程度に差はあるものの、この2年間で発見して調査したポイントはなんと470か所を越えています。

手が足らないので調査が後回しになっていますが区内で1,000はあるのではないか、
そんな予測が見え隠れしています。

嫌なことにその数は現在も増殖中なのです。

d0241210_1481510.jpg


そんな中、1月30日に新丸子東町会・新丸子東2・3丁目親和会の了解を得て、
町内会の掲示板の消去作業をしました。

この季節寒くて嫌やだなって想像していたら、結構あったかい日で助かりました。

実際に回ったのは10か所の掲示板。

御丁寧に裏表両面へ落書きも有りまして、ポイント数では13か所でした。

d0241210_1484169.jpg


落書きがぬれ雑布で拭き消せれば苦労はないのですが、
実際はなかなか消せない訳で大半の場合は放置されてしまいます。

そこがポイ捨てゴミとの大きな違いですね。

それでは何で消すかと言えば、ほとんど素人の私たち、
有機溶剤なんて使用できない。

そこで秘密兵器に登場してもらいました。

ミカンの皮から絞り出して濃縮したオイルが市販されています。

結構なお値段ですが、これを落書きに吹き付けて
ちょっぴり反応を待ってブラシで擦ると落書きが溶けてきます。

それをボロ布でふき取って、水洗いして終了。

周辺にはミカンの香りが漂って、なぜかさっぱりした気分になります。

d0241210_14102987.jpg


大体1か所に20~30分程度で次に移動します。

水やら道具やらも車に積みこんでの移動ですね。

一番注意したのは自分たちの安全

だって車道なので、誤って車にぶつかって怪我でもしたら大変ですもの。

もちろん警察にも道路使用許可申請も出しています。

落書きの増大は犯罪の増加につながるという研究者もいます。

だから速やかな対応が必要なんですね。

d0241210_14112474.jpg


落書きはスプレー缶によるものがほとんどですが、
家でマジックペンなんかで書いたシールを貼るパターンもあります。

これもミカン濃縮オイルで剥がせます。

落書きをしている人は勝手な行為ですが、
私たちが消すときは施設管理者の了承が必須。

この事が時間をかけさせる大きな理由のひとつになります。

勝手に消せれば楽なのですが、これだけはできないお話。

d0241210_1412999.jpg


意外に思うかもしれませんが、落書きを消す作業って結構面白いです。

自分たちしかできないっていう自己満足もありますが、
汚されたものを修復する喜びは感じました。

今抱える一番の課題は協力者が少ないこと。

落書きを見つける一番のセンサーはその周囲にいる生活者と、
これだけの数を調査して痛感しました。

長い道のりになりそうですが、だからこそ一緒に動いてくれる人に来てほしいです。

子どもでも安全にできる作業なのでハードルは低いです。

これとは別に近隣の落書き情報も教えてくれると役立ちます。

次は春のいつかに実施予定です。


お問合せ:中原区まちづくり推進委員会事務局
中原区役所地域振興課
TEL 044-744-3324
[PR]
by nakahara-machi | 2013-02-05 14:17 | ミッションは落書消し

かじってみよう まち育て まち育てのわくわく体験 参加者募集中です。

「まち育て」ってどんなこと? どんな人がやってるの? なんだか大変そ~?

中原区には、ご近所の困り事を解決したり、
誰もが知っているイベントの仕掛け人だったり、
フツーのまちの人が、楽しみながら取組んでいる「まち育て」がたくさんあります。
そんな中原の「まち育て」を一緒に体験してみませんか?


詳細はこちらをご覧ください。
[PR]
by nakahara-machi | 2013-02-02 00:00 | 推進委員会全体