川崎市中原区の課題や問題点を区民自ら考え調査・検討するほか、市民活動団体の支援・広報等実践活動を行っています。

by 中原区まちづくり推進委員会
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
最新の記事
記事ランキング
外部リンク
画像一覧

もっと知ろう中原-東日本大震災時、小杉高層マンション群で何が起こったか

d0241210_0504730.jpg 東日本大震災時、小杉高層マンション群で何が起こったか
東日本大震災から2年半。「のど元すぎれば熱さ忘れる」の例えのように忘れ去られようとしています。しかし、武蔵小杉駅周辺に林立する高層マンションの住民にとってはそうはいかないようです。当日、地域内マンション8棟中6棟が停電。同マンション群の会員組織NPO小杉駅周辺エリアマネジメントの事務所もロウソクをともしながらの一時自主避難所となりました。停電しなかった1棟がロビーを開放、他のマンションの住民や帰宅困難者を受け入れ、約100人が集まりました=写真=。「これまで地域社会の力を蓄えてきました。そのことが震災d0241210_0533774.jpg時、人の絆を強め大きな力となったのです」と副理事長の森信三さんは普段からの準備が大切だと訴えています。
その年7月17日、「第7回なかはらっぱ祭り」で防災まちづくりフォーラム(主催 なかはら20年構想委員会・中原区役所)が開催されましたが、開館以来一番人が集まったそうです。翌年の同じフォーラムでは開いている席もありました。
この地震のため、川崎市の給水源のひとつ酒匂川からの導水管が破損し、20日間、市への給水が停止されました。

■悪い情報を過少にみる「正常の偏見」
  防災学において、その心の動きを「正常の偏見」と呼ぶそうです。
  人間は自分の都合の悪い情報は過少評価し、都合のいい情報は過大評価する傾向にあります。年間6千人が交通事故に遭うと聞いても、自分はその一人になるとはなかなか思えません。ところが、宝くじが6千人に当たるといわれると、途端に当たる気がしてくる。といった具合です。 
■インターネットで備える、防災・減災情報
中原区まちづくり推進委員会「なかまちブログ」の「もっと知ろう中原 防災・減災」に防災・減災の情報を集めてみました。市や国は防災・減災情報をさまざまな形で提供しています。中原区限定の情報はなかなか見つけにくいものです。あなたの周りの防災・減災の情報を集めています。皆さんの知恵をお貸ください。

【写真提供:NPO法人 小杉エリアマネジメント】
■トップのイラスト:フラワーマミーさん作成
「作品コメント
中原を虫眼鏡で見ると、いろんなものが見えてくる。知れば知るほどおもしろい。パンジーは中原区の花。中原はパンジーの県内有数の生産量を誇る下小田中地区があり、かながわブランドやかわさきブランドの「かわさきそだち」を有する。パンジーは中原を知る入口。もっともっと中原をじっくり見て、いろいろな魅力を発見していただきたいと思っています。」
 2013年7月14日開催の「第9回なかはらっぱ祭り」パンフレット作成時、参加団体「もっと知ろう中原」のために描かれたものです。
[PR]
by nakahara-machi | 2013-07-16 00:54 |  もっと知ろう中原/防災・減災